日本薬学会 生薬天然物部会 奨励研究受賞 JACS JACS PRESTO

佐藤研究室では、有機化学実験・計算化学(コンピューターシミュレーション)・ 生化学実験の三つを柱として、天然物に学ぶ『ものづくり』の研究進めております。
理論と実験の協奏で、天然物の生合成を一緒に解明していきましょう!

NEWS!

2021年10月17日「第23回天然薬物の応用と開発シンポジウム」にて受賞講演
2021年10月13日香港城市大学の松田先生らとの国際共同研究の成果が J. Am. Chem. Soc.に掲載されました!
2021年10月1日Spiroviolene 生合成に関する論文が Chem. Pharm. Bull. 誌の Featured Article に選出されました。
2021年9月21日JST さきがけ「植物分子」に採択されました。 2021年度新規採択課題
2021年7月9日不安定な2級カチオン種に関する研究が JACS Auの表紙に!
2021年6月18日日本薬学会 生薬天然物部会の令和3年度「奨励研究」を受賞しました。
2021年3月7日Chem Station にインタビュー記事が掲載されました。
2021年1月1日山梨大学着任・佐藤研究室スタート!
2020年10月1日ブラシラン型骨格の生合成反応機構に関する研究が JACSの表紙に!
2020年7月6日インドールジテルペン化合物の研究が Angewに掲載!(東大・北大との共同研究)
2020年3月4日8π-6π電子環化反応に関する研究が Angewに掲載!(東大・岩手医科大との共同研究)
2018年9月5日天然物の構造多様性に関する研究が Angewに掲載!(東大との共同研究)
2018年7月4日メロテルペノイドの酸化酵素の研究が JACSに掲載!(東大との共同研究)

button-icon

研究紹介

ごあいさつ

我々の研究室では、植物や微生物が生産する天然物有機化合物(天然物)の研究に取り組んでいます。フグ毒のテトロドトキシン、抗生物質のストレプトマイシン、花の色素であるアントシアニンなど、我々の周りには数多くの天然物が存在し、我々の社会生活にも深く関わっています。このような天然物が植物や微生物の体内でどのように作られているのかを解明することを目的としています。

佐藤玄
佐藤玄の写真
山梨大学